Kris Angler

To Dare Is To Do.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キングとのファイト!

今回の釣行はとにかくファイトの練習になりました。

CA3J0364.jpg


日本で 20kgオーバーのヒラマサとのファイトを練習しようとおもっても、
次のファイトが何年後になるのやら。。。

NZでは、上手くいけば同じ流しでおさらいが出来ました笑

まず心がけたのが、とにかくロッドを寝かさないこと。
なるべく早くロッドベルトにエンドを刺して、何が何でもロッドを立ててプレッシャーを掛ける。

そして、ドラグ 手元で14KGを絶対に緩めないこと。

この2点は、がんばったつもりですが、だいぶ砕けてました爆

ドラグは耐え切りましたが、どうしても、船の揺れがひどいので、魚の突っ込みと同調すると竿をのされてしまいます。
一度のされると、体制によっては主導権を取り戻すのにかなり時間が掛かります。
ヒットしてから最初の突っ込みまでに、ファイトを行う体制をしっかり作ることの重要性が良く分かりました。
きちんと体制を作って突っ込みを迎え撃てば、のされる確立はかなり減少します。



今回乗ったエンチャンターは、横揺れが酷く、ミヨシに錨とハッチがあり、絶妙な高さの手すり、
その下に幾重も通されたワイヤー(笑)のせいで、とってもファイトスタンスが取り難いです。

しかも、海はババ荒れ。日本じゃ絶対船出さない風です。
ハッチに躓き錨に打ち付けられ、ワイヤーは膝肉に食い込みます笑
何度転んだことか。足は傷だらけです。


3T5A6431.jpg

皆さんに支えられてのファイトです!

こんな状況のなか、あとはファイトを重ねるごとにお勉強です。

まず、ヒットしたらラインのテンションを保ちつつ、ロッドベルトを股間にねじ込みつつ、エンドをそれにいれつつ、
足元の障害物の位置を確認しつつ、魚の走る方向と船の流れを見極めつつ、ファイトスタンスを取ります。

やること多すぎです笑
でも、一つ一つの動作に慣れてくると、これを一連の動作として行う時間は意外とあります。

DSCN0486.jpg


少し走って魚は必ず一度止まるので、そこで一発大きく合わせを入れてフックセットします。
フックセットした直後か、しばらくして船の気配を確認すると魚は一気に潜ります。
このときまでにちゃんとスタンスを取っておけばロッドをのされずに済みます。
また、ヒラマサやGTの場合はファーストランまでになるたけラインを巻き取っておくことで、
根ズレのリスクが低減します。

ファイトに入ったら常にロッドを立てて相手にプレッシャーを与えつつ、相手の動きに対して先回りして移動していきます。
ロッドベルトとロッドの角度を常に90度に保つのが重要です。
キャスティングの場合基本船の風下でヒットすると思うので、
ファイトしているうちに舟が流れて魚の真上に来ちゃいます。
魚が船底方向に潜るとロッドが立てられないとってもつらいファイトになるので、
先回りして船の風上側に出る必要があります。

自分の釣座の近い方の端を回せればいいのですが、
対角線上に魚が抜けていく場合はかなりプリディクティブに動いていかないと、
船底に突っ込まれてラインがスレてブレイクします。
移動の間もテンションを掛けてないと潜られます。

ヒラマサ・GTなどのスプリント系の魚とのファイトは、ファーストランまでの一連の動作と、
風上側に出る作業でほぼ決まるというのが良く分かりました。
あとは、ひたすらランに耐えてリフトするのみ。
リフトする際は魚の頭の向きを常に意識し、攻守の切り替えを意識するのが重要だとわかりました。

3T5A6439_01.jpg


写真を見ると思うのが、自分はまだ下半身を全く使えていません。。。


3T5A7127.jpg


反面、金太郎さんなんか、かなり下半身に力はいってます笑
全身でファイト、練習せねば。



あとは、とにかく握力。腕の力は充分でしたが、握力が辛いつらい。。。
鍛えなきゃいかんです。

キャストやアクションは、日本で投げてるだけでも練習になりますが、
ファイトの技術は実際に魚掛けないと向上しないので、
ホント「一生分」の経験になりました。。。

初日のファイトに比べて、最終日のファイトは自分でやっていても雲泥の差でした。
スポンサーサイト

| Expedition | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://krisak2.blog.fc2.com/tb.php/95-cde3819d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。