Kris Angler

To Dare Is To Do.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャスティングにシングルバーブレス!

3T5A6874.jpg



今回のニュージーランドではキャスティングにシングルフックを使用しました。
リリースを前提としたゲームでは積極的に使用するべきだと茂木さんも提唱されています。

結果から申しますと、シングルバーブレス全く問題ないです。
3日間使用し、以下のようなメリットを感じました。

-魚へのダメージが少ない
シングルフックを使用すると90%程度の確立で魚のカンヌキにフロントフックがフッキングします。
残りの10%はリアフックが口内に掛かったり、フロントフックが口内の少し奥に掛かるかでした。

いずれにせよ、トレブルバーブレスを使用すると頻繁に発生する、フロントフックが口に掛かったあと魚が暴れ、
エラ付近にリアフックが掛かる という状況は皆無でした。
エラにフックが掛かって出血すると100%魚は死にます。
これが起きないことはリリース後の生存率に大きな影響を及ぼします。

また、血みどろにならないのできれいな写真が取れます

-素早いリリース
リリーサーでのリリースが可能なので、リリースが迅速に行えます。
これはNZでは重要です笑 すぐ投げればもう一匹掛かります笑

-ライントラブルの低減
フックがラインに絡む回数が激減します。捨てキャストが減りますし、
ガイドにルアーを掛けたものを取り外し、投げる動作もスムーズになります。

-フックの伸びがない
トレブルに比べ相対的に大きく太いフックが使用できるので、フックの変形がありません。

また、感じたデメリットは下記です。

-ルアーのバランス
一部のルアーはバランスを取るのが難しいです。

-コスト
現在シングルフックは1本あたり¥500程度と、かなりコストがかさみます。
GTレコーダーとほぼトントン。ST66よかかなり高いです。

-高切れ
高切れして漂流するルアーの救出難易度が格段に上がります笑


3T5A6974.jpg



また、一番気になる針掛り・バラシですが、

-針掛り
木っ端がでかいルアーにじゃれ付いてもあまりフッキングしません。
NZでは小さいの(といっても7,8KG)がきもちわるいくらいルアーを追ってきましたが、
γ160など大き目のルアーを使用するとこやつらはあんまりフッキングしません。
100や120を使うとかなりフッキング率は上がります。

これをデメリットとするか、メリットとするかは状況によってかなり変わってくるでしょう。
NZでは大きなメリットです笑

-バラシ
3日間、シングルバーブレスで一度しっかりフッキングした後、ファイト中にフックオフした10KGオーバーは2本。
うち1本は20KGは確実に上回っていると思われます。

これが多いのか少ないのかはなんともいえませんが、満足できるレベルであることは確かです。
10KGオーバーはどう少なめに見積もっても30本はキャッチしています。

また、私が最も注目しているのは船上での安全性だったりします笑
何度か釣られたことがある私にとってはとても良いことです。


とってもブイシーな状況で、どーしても1本獲らないと夕飯がない!という状況ではトレブルの選択もアリ、
かもしれません。が、私はこれから当面オフショアキャスティングはシングルバーブレスで通すことをここに宣言します!

DSCN0521.jpg




上記はあくまでもヒラマサ、青物を対象としたオフショアキャスティングにおけるメリットとデメリットです。
ジグは船べりでフックアウトした際の危険性(鉛が飛んでくる)を考えて、あえてバーブ付きでやっています。

シーバスはファイトの性質上、シングルバーブレスでやると瞬殺でバレるでしょうし、
エラブタより後ろにフックが掛かった経験は殆どないのでトレブルバーブレスでやります。

また、むかーしからネイティブトラウトはバーブレスシングルでやっています。
こちらも、シングルでやるとほぼカンヌキにフッキングし、魚へのダメージ少ないです。
トラウトはきれいな写真撮りたいですしネ。



ニュージーランドではインターフック製のリング付きシングル、GT-28/GT-30/GT-35を使用しました。
より大きなサイズが出るといいですね!

スポンサーサイト

| Lures | 14:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://krisak2.blog.fc2.com/tb.php/93-dee31cd7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。