Kris Angler

To Dare Is To Do.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニュージーランドのキング!タックル編

DSCN0543.jpg

ニュージーランドで使用したタックルの詳細です。

JIGGING HEAVY
ROD: MC WORKS SOUTHERN BLUE SB516SS
REEL: STELLA 2000PG
LINE: PE 8G+150LBS LEADER

JIGGING LIGHT
ROD: MC WORKS SOUTHERN BLUE SB546JS
REEL: STELLA 8000HG(12000SPOOL)
LINE: PE 6G+150LBS LEADER

SB516のみ使用しました。ジグは現地で400G~500Gのものを購入して使用。
兎に角体力勝負で、早く・大きくジグを動かさないとヒットしませんでした。

2日目以降はキャスティングオンリー。

CASTING HEAVY
ROD: CARPENTER BLUE CHASER BLC83/40 RPM
REEL: STELLA 18000HG(20000 MAX SPOOL)
LINE: PE 8G+170LBS LEADER

CASTING LIGHT
ROD: CARPENTER BLUE CHASER BLC83/35 RPM-SC 3PCS.
REEL: STELLA 18000HG(20000 PD SPOOL)
LINE: PE 6G+130LBS LEADER

ブルーチェイサー83/40をメインに使用しました。
ヒットルアーは パンドラ155+30、γ160H、γ160、γ120、ブルーフィッシュ120、オゴペン。
160クラスの大型ルアーがいい時間帯と、120くらいのものを早く動かしたほうがいい時間帯がありました。
オゴペンも4キャスト4フィッシュ。推定40KGオーバーにブチ切られました。。。


また、フックはすべてシングルバーブレスフックで通しました。
バラシ・伸び共に殆どなく非常に快適です。

20キロクラス10本以上と3日間でファイトできたので、
自分でも実感できるレベルでファイトテクニックが向上していくのがわかりました。
次の流しで反省点のおさらいができるので、とても勉強になりました。

また、PE8号と6号の違い、バットパワーの違いなどを、如実に感じることができ、
ハイパワータックルの必要性を改めて認識することが出来ました。


これからもどんどん経験を重ねて、技術を磨いていきます!
同船してくれた皆様、サポートありがとうございました!
スポンサーサイト

| Tackles | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://krisak2.blog.fc2.com/tb.php/90-aa92296b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。