Kris Angler

To Dare Is To Do.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バラマンディー遠征その1

GWの休暇を使い、オーストラリアにバラマンディ釣りに行ってきました。
実釣は到着日半日+4日間。

DSCN1428_01.jpg


場所は現地でも有名なウェイパという町に行きました。
ケアンズから国内線で1時間半くらいの、ボーキサイト鉱山の町です。
国内線機内は鉱山関係者と釣り人のみ。
釣りにしても鉱山にしても、非常に親近感のある会話ばっかりでなんか妙な感じです^^;



いいシーズンとのことですが、到着するなりガイドが、
「お前ら潮見なかっただろ!!」
。。。確かに、日中は殆ど動かない潮でした。。。
バラマンディを釣るには、日中それなりに動く潮、しかも低い時間帯が多い潮がいいとの事。いままでは、人の釣りについていくだけだったから、潮はあんまり意識してなかったなぁ。

日本人は勤勉だから、決められた休みでしか来れないんだよ!オージーとはちゃうねん!
といったら、笑ってました。

酒屋でビールを仕入れ、ロッジに到着。
ロッジは釣り人専用のロッジで、
タックルを洗えたり、ロッドスタンドがあったり、超快適でした。
エアコンも効いてるし。

他の宿泊客も当然釣り客。よなよな釣り談義で盛り上がります。
ひとりひとりの自慢話を一つ一つ聞かなくちゃいかんのはちょっとつらかったですが。。。

Wifiがついてないのがたまに傷です。
釣り人たるもの、その日の釣果はその日のうちに電波に乗せて自慢したいもの。

荷物を置いてリグって、即出発!

DSCN1415_01.jpg


私は期間を通してMark Bargeyの船に乗りました。
彼はBrisbaneの近く出身で、オフシーズンは油圧ショベルのオペをやってる人。
共通の知り合いもいっぱいいて、世間の狭いこと狭いこと。

3時間くらい釣りをして、バラも何度か出ましたが、乗せることが出来ず。。。

DSCN1416_01.jpg


クイーンフィッシュとブルーサーモンを釣って終わりでした。

夕食はラムチョップ!美味し!

シェフがいて、朝と夜は暖かい飯が毎日食えます。

DAY2の朝はビーチバラ!完全に海に出て、ビーチに点在する岩を狙います。
開始早々隊長にクイーンフィッシュ!

私にはかなりでかそうなバラがバイト!
が、ちょっと走られて反転した際にリーダーがスパッと切断。。。
たまーに、えらの部分で切られることがあるみたいですが、まさかこんなにスパッと切られるとは。。。
根ズレでざらざらになったような感覚も全く無く、ラインカッターで切った様な切り口でした。因みにリーダーは50lbs VEP。

一連のポイントで、ハタやらなんやらを追加していきますが、バラマンディーのバイトは無し。

DSCN1465_01.jpg


ポイントを移動すると、マンタがいっぱいいました。
岸沿いでマンタがボイルしてますw

ちょっと、マンタから離れたところで結構いいクイーンフィッシュがヒット。
写真も撮らずにリリースw

もう少しいったところでバラマンディ!これもいいサイズ!
しかしジャンプ一発でフックオフ。。。

同じポイントでもう一本ヒット!ちょっとサイズが下がったけどこれも70位ある!
が、チーン。。。

全く同じ動きをされフックオフ。。。

何やってるんだ!とガイドに怒られるw

両方とも、水深2mくらいで、ミノーを喰いあげてくる魚でした。
シーバスといっしょで、勢い余って喰いあげたついでに水面を割ってガボガボやるんですが、シーバスと比較して、一瞬のスピードと首を振る力がけた違いで、同じように対応すると一瞬でルアーが飛ばされてしまいます。一方シーバスより口のまわりの構造がしっかりしているようで、一度フックセットしていれば強引にファイトしても口切れしづらい様です。
この2匹でそれを強く意識し、その後のファイトに活かすことができましたが、
ここまで大きな魚をフックアップする幸運には恵まれませんでした。

4度目のチャンスはありませんでした。。。

昼過ぎに河口域に戻り、シャローに点在する小さな流れ込みを攻めます。
底は泥質で、流れ込みから細いガター(溝)が水の流れに沿って出来ています。
そのガターにバラがステイしているようで、トップをドリフトさせてガターに流し込みます。ガター以外は水深が15cm位しかありません。

水深が浅いので、普通のトップではちょっと強すぎる感じ。
ベントミノーに変えたら一発でした。

DSCN1426_01.jpg


ド派手にでたのは、小さいながらも今回の遠征での初バラ。
同じパターンで数匹追加して、この日は終了でした。

その2に続きます
スポンサーサイト

| Barramundi | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://krisak2.blog.fc2.com/tb.php/167-65eb2f64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。