Kris Angler

To Dare Is To Do.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013総括!!

今年の釣納めは山正丸に乗り、ほぼ玉砕を喰らいましたが今年の総括です。

DSCN0529.jpg



オフショアの部

正月のNZ・GWの対馬でいい釣りが出来ましたが、それ以外は大方NGという出入りの激しい釣りでした。
特に冬~春にかけて2013年は関東も九州も風が強く、海が悪いので出れないという状態が続きました。
来年は穏やかな一年だといいですね。

NZでは10匹以上の20kgオーバー ヒラマサとキャスティングタックルでファイトが出来、素晴らしい経験になりました。
そこで得たテクニックを対馬で再現できたので(できてたのか?)、

CA3J0364.jpg


ヒラマサキャスティングに関しては結構満足しています。70点くらいかな。

20130502_161.jpg


残りの30点は、他の人のルアーに出ないような日でも自分のルアーだけ出す様なテクニックの取得のためにお預け。
対馬でも自分だけヒット率が著しく高かったわけじゃなかったので。

反対にGTは釣れませんでした。
11月の奄美遠征はとてもシブく、ビッグディッパーに3日間乗って投げまくって、
船全体でGT5バイト(だったかな)でした。
反省すべきは最終日にバイトとったのにPEを合わせ切れさせたこと。システムを定期的に組みなおすことの重要性を再認識しました。
これは完全に慢心です。NZで5本以上のでっかいヒラマサを同じシステムでとったりしてたので、システムの強度には自信を持っていましたが、
よく考えればGTとヒラマサでは、ラインに与えるダメージがGTの方が大きいはずです。
(フルキャストの多用・パンドラの使用)


夏の相模湾のライトキャスティングは、シラスパターンのカツオのヒットがコンスタントに獲れたのでこちらもそれなりに満足。

DSCN0796.jpg


来年はもっとライトなタックルで挑みます。

オフショアキャスティングは、自分でも「得意な釣り」だと思っていますし、来年も少ないチャンスの中で腕を磨いていきます。



そして今年はジギングの面白さに気付いた1年でした。
元々ボートシーバスやバラマンディからオフショアに入った人間で、
しかも私の地元の神奈川 相模湾はシイラ・キハダのキャスティングゲームの聖地?なので
どちらかというとジギングは敬遠していました。下に落とすだけでしょ?てな印象です。

20130504_01.jpg


でもGWに対馬に行き完全に印象が変わりました。ジギングは食わせに至るプロセスがはまるととても面白いです。
キャスティングなんて半分以上運?ですが、ジギングは本当にテクニックが試されるのだと実感しました。


ジグの飛ぶ飛ばない。水を押す押さない。
リールの巻きの早い遅い。入力の強弱。
ロッドの初速の早い遅い。入力の強弱。

これだけの要素でも、組み合わせれば無数のパターンと化します。

九州のジギングと関東のジギングに大きな差があるのもとても興味深いです。
九州ではジグを見せて食わせるアクション・関東ではジグをあまり見せずに誘うアクションが重要なんですかね?
よくわかりませんが。。。


20130430_08.jpg


お気に入りのジグを並べてみると、多くが水を押すアクションが得意なジグです。
関東でも「見せて食わせる」が有効な日は、かなりいい釣りができたのですが。。。
早いアクションで食わせるパターンは、まだまだ引出しの少なさが響きます。

これは勉強するしかないですね。


来年の冬~春は出来る限り外房に通い、その経験を元にGWの対馬で納得のいく釣りがしたいと考えています。







シーバスの部

DSCN0859.jpg


今年は春の地元ベストシーズンに出船が出来ず、年間を通じても出船回数はすくないものでしたが、
秋のランカーシーズンはサイズに恵まれました。初めて東京湾で90アップみました笑

DSCN0861.jpg


DSCN0869.jpg


後輩が免許を取ったので、来年はシーバスもいっぱいでたいんだけど。。。


トラウトの部

今年は久しぶりにトラウトをいっぱいやりました。

IMAG0099.jpg


トラウトやるなら北海道に限る笑

IMAG0105.jpg


ワイルドレインボーとネイティブイトウ釣れたんで満足です。

DSCN0740_01.jpg


来年はサイズを狙いますよ。

中でもイトウの釣りはイメージと全く違い、
・接近戦
・カバー
・巻物
という私の好きな釣りの要素が結構ストロングなパターンとして存在していました。
こいつははまりそうです。勿論、絶滅危惧種なので、ある程度大きいの釣ったら自粛しますが。。。


バスの部
ひっさしぶりにバスを釣りに長野まで行きましたが、
結果はご報告の通りですw

DSCN0834.jpg


来年もリベンジを誓ったので、ちゃんとした道具も揃えてスモールもういっかいチャレンジします。
もう少し横の釣りで釣れてくれれば楽しいんですけどねぇ

ワームを10分ステイなんかやったらあっさり死ねます。


2013年の釣行回数は、最終的に55回。ジギング・キャスティング含め19回のオフショアが最も多い釣行回数でした。
付加価値を高め日数を減らすという2013年の目標は見事に達成できず。今年も毎週釣りに行った計算になりますw
一介のサラリーマンにはこれが限界でしょう。

釣った魚種は35目。最も匹数釣ったのはたぶんシーバス。最大は85cmでした。
今年はシーバスに関しては当たり年で、70upは10本くらい、80upも2本釣れました。

最も大きかったのは正月に釣った37kgだったかのキングフィッシュ。

3T5A6887.jpg


意外と釣った魚の細かいデータって覚えてないんですよね。。。
ばらした大物と釣れなかったときのことは絶対に忘れませんが。
国内も含め今年はヒラマサ500kg以上釣りました(爆)

一番印象に残っているのはもちろんランフリーバンクスですが、
ジギングで悔しい思いをした対馬・鹿島も忘れられません。
来年は絶対上達するぞ!

しかししかし、今年も一番の収穫は、やっぱり釣り仲間が増えたこと。

3T5A7339.jpg


NZで初めて会ったのに、毎月の様に一緒に釣りしてる夫婦もいますがw

P1030809-thumbnail2.jpg


皆さん今年も付き合って頂いて本当にありがとうございました!


昨年の今頃は、ランフリーバンクスで脳味噌をとろかしていましたが、今年は真剣に来年のテーマを決めようと思っています。

それではよいお年を!




海外ホワイトアイランド
海外ランフリーバンクス
海外ランフリーバンクス
ジギング平戸
ボートシーバス富津
ボートシーバス地元
テンヤ
エリア
ジギング玄界灘
エリア
エギング対馬
ジギング対馬
ジギング対馬
ジギング対馬
ジギング対馬
ジギング対馬
エリア
ボートシーバス
エリア
トラウト北海道河川
トラウト北海道イトウ
トラウト北海道イトウ
根魚伊豆
マグロ伊豆
エリア
トラウト茨城渓流
トラウト北海道レインボー
トラウト北海道レインボー
トラウト北海道レインボー
トラウト桂川
相模湾青木丸
トラウト桂川
相模湾青木丸
トラウト桂川
鹿島五目仕立て
釣り堀
トラウト長野
トラウト長野
釣り堀
トラウト長野
トラウト長野
バス長野
バス長野
ボートシーバス
テンヤ
奄美GT
奄美GT
奄美GT
ジギング日立
ボートシーバス
ジギング鹿島
エリア
ボートシーバス
ボートシーバス
ジギング外房









キングフィッシュ
アジ
アラカブ
シーバス
メバル
ニジマス
イワナ
マダイ
オキメバル
クロソイ
ジャガートラウト
ブリ
アオリイカ
ヒラマサ
アメマス
ヤマメ
エゾウグイ
イトウ
マルソウダ
ウグイ
シイラ
ホンガツオ
キハダ
ヒラメ
コイ
キンギョ
ザリガニ
メジナ
ラージマウスバス
スモールマウスバス
ブルーギル
ブラウントラウト
チカメキントキ
ホンサワラ
バラクーダ
スポンサーサイト

| Tips | 19:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://krisak2.blog.fc2.com/tb.php/131-48339ead

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。