Kris Angler

To Dare Is To Do.

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大荒れで観光の九州遠征!


世の中には釣行前興奮して夜寝られない人と、
釣行後に悔しくて考え事をして寝られない人がいると思います。

わたしはいつも後者です。
どんないい釣りをしても、床に入って考えるのは逃がした魚の事、反省ばっかし。

反省するのなんて釣りだけですけど笑


さて、3日間九州遠征。今回の反省は?



武蔵丸-武蔵丸-予備日

のはずが、

福岡-幸漁丸-佐世保伊万里 でした笑

もちろん真冬の玄界灘ですから、
出れないのは想定していたのですが

折角出て頂いた幸漁丸で

アラカブ一本・・・

惨敗を喫しました爆



船出たの1日だけですから、よくよく考えるとわたしは九州でアラカブ一匹しか釣ってないことになります。

その通りです笑

でも深く考えると 正直あまり悔しくないのです。

えらそうなことをいつもほざいてますが、国内のヒラマサジギング経験は今回で述べ4日目です。

一方この日は船中ヒラス一本と激シブな一日、平戸でもこんなことあるんですね!
何とか型を見る常連さんは流石です。

この日の乗船者は5名。
前日も乗ったという常連が1名、電動ジギングのへんな親父が1名。
あとはわれわれのグループ。

ところで、
私のつりの長所は、「まねっこ」です。
なんのプライドも無く釣れている人をパクります笑

それも、ただ単にルアーやアクションをパクるのではなく、
その人のルアー・アクション・タックル・レンジ・ロジック・ストーリー などなど、
可能な限り多くの情報を得て、釣れている要素を抽出した上で、
自分の持っているタックルと腕でその要素を再現していきます。


特に、経験の少ないジギングゲームではその傾向が顕著です。
今回も、釣れている人をパクる予定でしたが。。。

常連の人は船橋を挟んで反対側に布陣。しかも釣れたのは交通事故的な一匹のみ


パクれるパターンが無いやんけ笑

自分の少ない引き出しで勝負しましたが、ダメでした。

底のほうに、ヒラスの姿は映るのですが。。。

船長せっかく出して頂いたのにヘタクソでごめんなさい。

最後1時間ほど、キャスティングをしましたが、ブルーフィッシュに一度出ただけで終了でした。
ブリだったのかな?


一方観光は充実でした笑

他人の釣った美味い魚を食い、佐世保バーガーを食い、伊万里焼を目利きし。。。笑

IMAG0265.jpg

初日の夜はtoctocで刺身とブリ大根うめ~

IMAG0266.jpg

IMAG0269.jpg

2日目夜は佐世保のイカうめ~

IMAG0267.jpg


IMAG0270.jpg

3日目夜は 同行していただいた方の奥様が釣ったアラカブでなべを作ってくださいました。激旨味でした。

IMAG0271.jpg

きっと 釣ってこないと思われていたので角煮も爆
美味しかったです。

IMAG0272.jpg

IMAG0273.jpg

IMAG0274.jpg

最終日は、佐世保バーガーに伊万里焼にモツなべ~


同行して頂いたNさん、何からナニまで本当にありがとうございました!

でもやっぱりくやしいんで4月にまた武蔵丸をとりました笑


タックル
MC WORKS RF5104LR
STELLA SW 8000HG
PE5G+100LBS. LEADER

CARPENTER BLC83/40 RPM
STELLA SW 18000HG
PE8G+170LBS. LEADER

CARPENTER TBL80/40
STELLA SW 18000HG
PE8G+170LBS. LEADER



つりのしゃしんないやん!
スポンサーサイト

| Expedition | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BLC83/40 R-POWER MAX

3T5A6439_01.jpg


カーペンター ブルーチェイサー シリーズでもっともヘビーなロッドです。
GTもキングフィッシュも自己記録はこのロッド。

茂木さんの忘年会ビンゴで半額券をもらい、

当時はなんの知識もなかったので
とりあえずこれにしとけ しとけ と同じテーブルの皆様にいわれ
なにも知らずに 調べずに注文しました

届いたら、ものっそいヘビーロッドやんけ!こんなの振れるかいな!

と思いましたが、気がついたら振れてました。

しばらくは、振られてましたが。。。



今ではいちばん使用頻度の高いカーペンターの竿になってます。
対象魚のサイズと、ルアーのサイズの差が大きい状況でかなり頼りになります。
用途は、相模湾のキハダから、伊豆のクロマグロから、GT、キングフィッシュと
いろいろ使いました。NZではメインロッドとして大活躍でした。


DSCN0110.jpg



ティップとベリーがとてもしなやかで、
かつパワーのあるバットとスムーズにつながっているので、高負荷ファイトがとてもやりやすいです。
先2/3がしなやかなので、疲れてきてもキャストフィールがよくミスキャストが少ないです。煮詰められたガイド設定のおかげもありトラブルが非常に少ないのも美点です。

基本的にはPE8号+170lbsのリーダーを組み合わせて使用しています。
先糸のマンユウはケースバイケース。慣れればγ60がスイスイ泳ぎます。

これからもどしどし使っていきますよ~

| Carpenter | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TBL80/40

カーペンター ブルーラグーン TBL80/40

TBL80/40は今回の九州で初使用でしたが、
投げるとシャキっとしていて飛距離が出る割にγなどのダイビングペンシルを操作した際の追従性が絶妙で、
流石良く計算されているという印象です。

γ160を投げましたがBLC83/40と違いティップが負ける感覚がないので、また8FTと若干短いのでキレイに振り切れま す。パワーを掛けて振り切ることで飛距離を稼ぐロッドだと思います。
キャストフィールもかなりいいです。

今回の様なババ荒れの状態でγを上手く水絡みされる能力はさすがにBLCの方が上ですが、
そこまで荒れていない状況ではTBLくらいティップに張りがあった方が多彩なアクションが出せるように感じます。
この辺りは対象魚・海の状況使うルアーの種類重さで使い分けですね。

また、投げていませんがHPにも記載があるようにパンドラの使用感もかなりいいものと推測できます。
特に155+30を投げて沈めて巻いてくるオペレーションにはかなり適しているかと。

こちらも投げていませんがブルーフィッシュやγ120くらいのルアーもどの様に動くか楽しみです。
パワーに関しては何の心配もしてませんが、いかんせん魚掛けてないので。。。笑
NZ前に買っておけばよかったな。

今後GTではエンドレスパッションと共に主役としてオペレーション予定です。
パンドラとγ160、GTにおけるメインルアーはこいつが担当予定。


最近は筋力もついてきて、BLCの「乗せるティップ」よりもTBLの「振り切れるティップ」の方が心地よく感じるようになって きました。でもでも投げ続けているとミスキャストもあるので、練習あるのみですが。
最近海が荒れすぎててなかなか満足にキャスティングできません。

秋のトカラが楽しみです。

| Carpenter | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイビングペンシルのアクション!

3T5A6487_01.jpg


γなどのダイビングペンシルは組み合わせるロッドによってかなり操作感や動きが変わってくるのが面白いですね。
この辺りは繊細な渓流のトラウトゲームと同様です。
キャスト毎に寄せるアクションと追わせるアクション、食わせるアクションを使い分けて、
イメージどおりにバイトが得られると最高です。NZではこの一連の動作をかなり練習できました。

また最近は着水後の最初のアクションを重要視しています。
魚種にもよるでしょうけど、空中を飛んでいくルアーを見ていたり、着水音でルアーに気づく魚はけっこう多いはずです。
そんなやつらを1アクションで見切らせないように、最初の1ジャークにはとても気を使っています。着水音も然り。
最初のアクションを寄せるジャークにするのか、食わせるジャークにするのかは、都度考えています。

海の状況もアクションを考える上で大きなファクターのひとつです。荒れているか、凪いでいるかはもちろんのこと、荒れ てるなかでもうねりが大きいのか、白波が厳しいのか。それらを判断して的確にルアーを動かせるようになりたいです。
水面が下っているか、上っているか、白波に突っ込むのかで、同じ引き方をしてもルアーの動きは全く違うものになりますから。

DSCN0593.jpg


ルアーの使い分けも、少しずつですが分かってきました。メインに使うのはγ(160,160H,120,60)とブルーフィッシュ (120,60) 次点がγ(75,25H)とブルーフィッシュの100、オゴペン、ロデオとゾロです。
水深が深いポイントやそこまで魚が上ずっていない状況ではやはりγが強いです。あのスプラッシュの量は他のルアーとは一線を隔しています。かなり深い水深から魚がコールアップしていると思われます。
オゴペンもサイズのわりにかなりアピールが強いので、今後60gクラスの主役を張りそうです。
長く引くジャークよりもショートジャークでしっかり止めてあげるといいルアーです。NZでも大活躍の末に殉職。。。
それぞれのアクション・シルエットなどの特性を理解して、常に状況に合わせ最適なルアーを投げれるようにしたいもの です。


NZでの経験が、自信を持って大きなルアーを投げきれる様にしてくれました。
魚の反応がない→確定的な根拠もなくでかいルアーを見切ってサイズダウン→その繰り返し。。。
というネガティブなルアーローテはNGだと考えています。アピール力が減少してコールアップさせるのが更に難しくなり ますので。もちろん、ベイトのサイズやシルエット、フッキングの事を考えてのポジティブなサイズダウンはアリです。





| Lures | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふっつ

遠征に行ってくれるお客さんがいないお~

と、某キャプテンから泣きが入ったので笑
富津に行ってきました。

2投目で72cm

DSCN0611_01.jpg

人相わるっ!

幸先いいやん!のはずが。。。

潮とまっとるやん!で後半はぜんぜんでした。富津らしからぬ魚は結構食いましたが。。。


ニンジャです。初富津です。

DSCN0605_01.jpg


ハネ上げ式です爆

DSCN0623_01.jpg



王子です。クソ寒いなか罰ゲームで半袖です。

DSCN0616_01.jpg


着てるのはANGLER'S TEAM RECON のTシャツです。

しかもひとの魚で写真とってます。

DSCN0613_01.jpg



釣行記はANGLER'S TEAM RECONのブログへ!

| Tokyo Bay | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。