Kris Angler

To Dare Is To Do.

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オープンシャローのシーバス!

久しぶりのオープンの釣り。
この時期だけの、1シーズン ストラクチャーだけでがんばった自分へのご褒美(笑)です。

この日は 適度に風が吹き、曇りベースの絶好のコンディションでスタート。
ポイントにつくまでもとりがとんでいて 雰囲気ありあり。

でも、ベイトもシーバスも殆ど上ずらない展開。。。
ボイルももじりもなし。場所を変えながら3流しほどするも、1バイトのみ。
サカナはいってないのか?

でも、あきらめるのは早すぎます

一見広大なオープンエリアですが、よく考えるとサカナがコンタクトしたり、回遊したりする要素は無数に存在します。

水深だったり、水流だったり 複合要素だったり。。。

真っ白な地図にそういった要素を組み込んで行き、ストラテジーを構築していくのがオープンの醍醐味。この季節 このポイントなら、どこかに獲れるサカナがいるはず。

1時間投げ倒した挙句、答えが出始める。


DSCN0342.jpg



浮かないものの、やっぱりいいベイトが入っているようで、喰うサカナのコンディションはなかなか。

今日のエリアをつかめば、あとはタクティクスの問題。あの手この手を試していきます。

DSCN0344.jpg


スローで喰わす、イレギュラーで喰わす。バラジャークで喰わす、ジャカジャカ巻きで喰わす。。。

DSCN0354.jpg


あれ、結局なんでも喰うんじゃない?

DSCN0349.jpg


いえ、なんでも喰うんじゃなくて、それぞれのメソッドが有効なエリアと瞬間があるんです。
70cm以下なら、足元でばれちゃえ~ てな具合に釣れ続きます。
刻々と変化する状況を楽しめた うまくサカナとコンタクトできたいちにちでした。

DSCN0347.jpg


70アップ10本くらい含み、3人で軽~く100ヒットオーバー。
アベレージも60くらいでとても楽しめました。

DSCN0352.jpg


ボートを出してくれたあるがまにあさん、ありがとうございました!

Glassway Namoto "RSP" GNARS-76LS
STELLASW 4000XG
CASTAWAY PE 1.5 + 30LBS. LEADER

RGS-70HRF
STELLA 3000HG
CASTAWAYPE 1.2 + 30LBS LEADER

RGC-63HF
EXSCENSE DC
CASTAWAY PE 1.5 + 30 LBS LEADER

オリジナルロッドたちにちょっとかっこいい名前をつけてみました。
これからはこれでいこうと思います。

エクスセンスDCは予想通りシャローで使える、使って楽しいベイトリール。
レンジバイブ80より重いルアーが快適かな。
7FTクラスのロッドでやればさらに楽しいでしょう。



スポンサーサイト

| Tokyo Bay | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。