Kris Angler

To Dare Is To Do.

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SANSUIトラウトフェスタ2012

今年もSANSUIトラウトフェスタに参加してきました。

心配した天気もなんとか(早上がりだったそうですが)もち、大盛況でした。
Taper & Shapeのグラスロッドも、Zact Craftのセニョールトルネードも、こうしたイベントの参加する度に、
知名度が上がり、多くのアングラーに認知されていている気がします。
皆さん積極的に試し投げされていましたし、ブースも人が絶えない!

狙っていたリブレのノブとハンドルを購入し、カルティバのニューフック(ST-58だっけ)なども触れたし、収穫がいろいろありました。
フィッシングショーよりも、各メーカの方とたくさん話が出来るのがいいですね。トラウト以外の情報もかなり入ってきます。

ロッド買わされたりもしましたが(笑)


今年もエリアで遊びたくなる、そんないちにちでした。
スポンサーサイト

| Trouts | 14:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レッドスペシャルでボートシーバス

久しぶりのボートシーバスでした。



といっても、最近好調の青物から。
ナモト レッドスペシャルGNARS-76LSで。


DSCN0273.jpg



70クラスの ワラサまで獲れましたが、楽しい~♪


このロッド、ライト ワラサトップに最高です。
45gのγまでがフルキャストできます。γの水絡みも素晴らしい。
青物が、ボート周りで全然突っ込みません。


普段ボートシーバスに使っている、オリジナルロッドも使いましたが、
こちらもワラサクラス全然問題なし。ポンピング無しでゴリマキできます。
キャプテンも「そのさおパワーありますね…」と思わずつぶやいてしまうほど笑

シーバスは根岸の穴撃ち。60クラスのチェイスもありましたが、まだちょっと 薄いしコンディションも悪い感じ。
ベイトは、どこにいっても大量にいるので、あと 1、2潮 どんどんコンディション良くなると思います。

今年はいっぱい乗りますよ~


タックル

NAMOTO "RED SPECIAL" GNARS-76LS
STELLA SW 4000XG
PE1.5G+30LBS LEADER

ORIGINAL ROD 70H
STELLA 3000HG
PE1.2G+25LBS LEADER

TULALA PIMENTA55
METANIUM MGDC7
PE2G+30LBS LEADER



| Tokyo Bay | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年 3RD QUATER WRAP UP!



ブリトップ
ブリトップ
シーバスナイトゲーム
シーバスデイゲーム
シーバス富津便
芦ノ湖
平戸ジギング
平戸泳がせ・ジギング
すその
開成
シーバスナイトゲーム
シーバスデイゲーム
開成
シーバスデイゲームx2
タイテンヤx2
GTx3
シーバスデイゲームx2
キス
東京レジャーランド爆
青木丸
品川FG
鳥羽丸
ちゅうべえマグロ
青木丸
ちゅうべえX3
テンヤX3
シーバスデイゲーム

計36回

エソ
バーサー
スズキ
メバル
ヒラマサ
カンパチ
サワラ
ニジマス
イワナ
ブラウントラウト
マダイ
ハナダイ
アイナメ
クロソイ
カサゴ
ホウボウ
ロウニンアジ
スマガツオ
アカハタ
シロギス
ヒイラギ
ハゼ
メゴチ
イシモチ
アナゴ
コイ
テラピア
シイラ
ブリ
メダイ
キダイ
ヒラメ

計32目

10月~からはボートシーバスとエリアかな?

年末の遠征に備えちょっと大人しくする予定です。



| Tips | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テンヤ


久慈のオヤジのところに行ってきました。


開始早々、良君にイナダがヒット~


DSCN0278.jpg



無事ゲットし、満身のドヤ顔。

この年でブルーランナーの引きを知ってしまうと、ロクなオトナになりまへんデ・・・


焦る大人たちを尻目に、この後も順調にイナダフィーバーを続けてました。


朝は海が悪く、テンヤもインチクもジグもいまいち。

王子は相変わらず小物適正◎で、5cm位のタイばっかつってます!


DSCN0285.jpg



それでも昼前くらいから、海もよくなり潮も流れて活性があがってきました。


DSCN0280.jpg


キロクラスどまりでしたが・・・


王子はアイナメを釣り上げ、ヤッター!ロックフィッシュ! と喜んでました。



結果、大チャリコ中心に10枚くらい。


リリースできないものと大きいものはキープして、吸い物鯛めしお刺身に。

今回も美味しく頂きました。




前回、柔らかいロッドで挑んだところ、掛けても掛からない苛立ちに駆られたので、
今回はお仕置きタックル。オリジナルロッド(MH)で臨みました。

結果はなかなかよし。もう少し軽くて張りのないロッドがベターですが、
このハイテンションタックルも充分あり。
どんな体勢からでもフッキングできます。

青物シーバスからマダイまで、何でも使えちゃいます。


DSCN0286.jpg


鯛テンヤタックル
ORIGINAL ROD MH
STELLA3000HG
PE0.8G+3G LEADER

| Hitachi | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テーパー&シェイプのエリアロッド

そろそろエリアシーズンも本格化!ということでわたしの使っているテーパー&シェイプのエリアロッドのご紹介です。
エリアエリア・エリアエリアマイクロ・エリアタクト・エリアタクトシャープ の4種を全部使っている素人もわたしくらいでしょうから、
ご購入の際に参考になれば幸甚です。

テーパー&シェイプのロッドは座敷が高い?とお考えの方もおおいと聞きますが、
そんなことは全くございません!とても素直で扱いやすいロッドですよ~

T&Sのロッドは同モデル同パワーであれば長いモデルのほうがしなやかになります。
そして、末尾に"T"がつくパワーモデルは、表記のパワーが同じであれば、基本的には設計上パワーは同じです。


PA150010.jpg



エリアタクト シャープ
AREATACT # CATSS-63SULT

元来掛け調子のロッドが好きな私が、長く核として使用していた一振りです。
活性の高いサカナ相手に、1.5g以上のルアーを使ってどんどん掛けていくような状況がもっとも得意なロッドです。
スプーン・ミノー・クランクと何でも使える万能性も備えています。
ソリッドティップのエリアタクトに比べ、ティップ側のブランクがチューブラーの通しなので、
全体的なキャストフィールはこちらが上です。

特異なハイプレッシャーなどでなければ、とてもバーサタイルに使える一振りです。
ただ、1グラム以下のルアーや、セニョールトルネードなどの引き抵抗の無いルアーを使うには、ちとティップのパワーがありすぎます。


エリアタクト
AREATACT CATS-66XULT

シャープよりもティップが入るので、集中していなくても大丈夫です(爆)
ティップで間を作り、ベリーで掛ける。そんなロッドですが、ソリッドのつなぎ目を殆ど感じさせないのがさすが島津さん。

PB180016.jpg


つなぎ目を感じるのは、一部のT&Sマニアだけでしょう笑
一般的な乗せ調子ロッドにありがちなダルさは全くありません。シャープがちと不得意な軽いルアーもお手の物です。
どなたが使ってもとっても使いやすいロッドです。コンディションや規模にも左右されません。

セニョールトルネードをメインで使う人には一番お勧めのモデルです(そんな人いるのか?笑)
私もセニョールでトーナメントに出るならこのロッドを選びます。




お次はグラスモデルです。

エリアエリアマイクロ 
AREA AREA MICRO GAAMS-66XXULT

T&Sのロッドでもっともフレキシブルなモデルです。
兎に角、曲がりまくって楽しい! かといって、大物も取れるロッドです。
まさに、ロッドは曲がりながら機能する。です。

もっと大きなルアーもいけますが、~2gのルアーがとても楽しいロッドです。
私も最近は、コイツ+マイクロクラピー or セニョールトルネードSLIMばっかり使ってます。

キャストフィールも最高。楽しい楽しい。
エリアエリアより、ナモトやジャパントラウトに近いテーパーになりました。
なんというか、延べ竿やフライロッドに近い楽しさです。

最近の私のスタイルである、
「オサレにエリアを楽しみつつ、誰よりも釣る」ために絶対必要な一振り。

DSCN0014.jpg


エキスパート(笑)よりつってやるぜ!


エリアエリア
AREA AREA GAAS-60XULT

マイクロよりもマイルドでパワーのあるロッドです。
3gクラスのルアーや、ディープクラピーなどがメインの方はこちらがいいのではないでしょうか。
60クラスも異常に早く寄ってきます。
元気なうちに寄ってくるのでタモ入れからが大変ですが笑
クセがないので女性にもオススメです。



で、グラスとカーボン、どっちがええねん!という方も大勢いらっしゃるかと。
結論、楽しさ重視ならグラスウェイ、水中からのインフォメーションがどうしても欲しいならカーブスター。

これでいきましょう。

グラス・カーボンどちらを選んでも、不必要なダルさや、そのほか一般的にエリア用ロッドで懸念されるマイナス要因はほぼ皆無です。
ただひとつだけ、グラスモデルは素材の特性上、水中からのインフォメーションが極端に減ります。
これはプラス面・マイナス面共にありますが、一般的にはマイナス面がクローズアップされやすいでしょう。

誤解して欲しくないのは、単純にグラスモデルは感度が悪いからサカナが釣れない、わけではないのです。
カーボンモデルで感知して、掛けていく様な魚信は、グラスモデルを使えば余裕でノってしまいます。だから「魚信」は感知する必要が無いともいえます。

P2230010.jpg


ただ、あわせても絶対に乗らないような微細な、触れるだけのような魚信・スプーンの後ろに魚がついたことによるビミョーな巻き抵抗の変化…
そいうったものはグラスモデルではわかりません。
こういった情報は、サカナをつりあげていく上で、とても重要なものです。

そこを求めるのなら、カーボンの方が◎です。

そんなこと解らなくても、充分つれるぜ!とにかく楽しいのが一番!というかたはグラスがマッチするはずです。
得られる情報が少ないので、それを妄想で補う(爆)のがグラスロッドの正しい使用法です。

わたしは、最近は90%マイクロ・5%シャープ・のこりの5%はそのほか・・・という感じです。
もちろん、鹿島槍など、アベが著しくでかく、おおものを狙う釣り場では別ですが。

そういう釣り場では、マキ・モノとかバックリバー・ナモトの出番が多かったり・・・


PB230024.jpg



さあ、今シーズン あなたはどのモデルを使いますか??



DSCN0051.jpg







| Taper&Shape | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。